人探し 方法

人探しの方法まとめ!掲示板?警察?探偵?結局どれが良いの?

「人探しの方法まとめ!【※掲示板?警察?探偵?結局どれが良いの?】」がイメージできる画像01

 

「もう一度会って話がしたい」などと思う相手は、もしかしたらどんな方にも一人くらいはいるものなのかもしれません。

 

そんな思いが強くなれば、以下の様に人探しに関心を寄せることもあるのではないでしょうか。

 

「人探しをしたいが、どんな方法が有効かわからない」
「人探しをするならやっぱり探偵に頼むべき?」
「人探しの方法をいろいろと知りたい」

 

そこで今回は、人探しとして有効な方法をいくつか紹介していきます。人探しに興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。


人探しってどうやればいい?そんなあなたに知ってほしい人探しの方法!

 

人探しと聞いて、いくつかの方法をパッと思いつくことができる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかしその一方で「どんな方法で人探しができるかわからない」という方もいらっしゃいます。

 

そういう方も、こちらをチェックしていただければすぐに人探しの方法について知ることができます。

 

方法1「掲示板やSNSを使って人探し」

数ある人探しの方法の中でも、いちばん始めやすいと言えるのが掲示板やSNSを使っての人探しです。

 

ネット上には人探しのための掲示板がいくつか存在しますので、そこに「○○○という人物を探しています」などと書き込みそれを事情を知っている人が見れば、その人からの返答によって情報を得ることが可能になります。

 

ただ、人探し掲示板は不特定多数の人が見るものなので、探している相手に関する情報をどの程度まで公開するかということについては注意していかなければなりません。

 

また、SNSが登場してからはSNSを使って人探しをする方も増えています。SNSを使っての人探しの場合、基本的に実名登録で利用するFacebookがよく使われます。

 

Facebookを使用する際には、探している人物の氏名を漢字で検索するだけでなく、ひらがなやカタカナなどでも検索してみましょう。

 

さらに、その人の出身校や職場といった情報がわかれば、その情報と氏名を一緒に検索します。

 

そうやってFacebook上でヒットすれば、その相手とコンタクトを取ることも可能になります。

 

方法2「警察に人探しを依頼する方法」

警察に対して人探しを依頼する場合は、原則として行方不明者届の届出が必要になります。

 

ですが、探してほしい人物との関係性によっては行方不明者届を出せない場合があります。

 

行方不明者の保護者や後見人、親族といったつながりがなくても、行方不明者と社会生活を営んでいく上で密接に関係していると判断される人であれば行方不明者届の提出も可能ですが、そうでなければその提出さえ不可能になってしまいます。

 

さらに、もし届出が受理されたとしても、警察は必ず人探しをしてくれるとは限りません。

 

警察が人探しをするのは、特異行方不明者と言われる認知症のお年寄りや幼児等、事件性があると思われる事案が中心となりますので、そういった条件に当てはまらない場合は警察による人探しにはあまり期待できないと言えます。

 

方法3「探偵による人探し」

探偵事務所の多くは人探しも行います。「多少お金はかかっても、確実に人探しを実行してほしい」とお考えなら、探偵への依頼を検討してみてもいいのではないでしょうか。

 

この探偵が行う人探しでも、インターネットの登場以後はインターネットが活用されるようになりました。

 

FacebookやLINEといったSNSにアクセスし、調査対象者の手がかりとなる情報を探っていきます。

 

この他、調査対象者が生活している可能性のある地域を特定し、その地域で聞き取り調査を行ったり、独自の情報ネットワークを駆使して調査をしたりします。

 

こうした調査の中には個人でも行えそうなものもありますが、やはり聞き取り調査などは調査の専門家である探偵でないと難しい部分があります。

掲示板に警察、探偵!結局どの方法で人探しするのがいいの?

 

ここまで主な人探しの方法を紹介してきましたが、そういった方法の中で「何がいちばんいいのか?」という疑問が生じることもありますよね。

 

実際のところ、どんな方法がいちばんメリットを得やすいものなのでしょうか?

 

人探しの本気度で変わるピッタリな方法

「あの人にもう1回会えたら嬉しい」くらいの軽い気持ちであれば、掲示板やSNSでの人探しでも十分かもしれません。

 

掲示板やSNSにならすぐにでもアクセスできますし、またこれらの方法なら人探しをしていく上で特にお金がかかることもないはずです。

 

しかし、掲示板への書き込みから有益な情報を見つけるというのも難しいですので、本気で人探しをしたいと考えているのなら他の方法も試したほうがいいかもしれません。

 

本気の人探しというと警察への依頼を思い浮かべるかもしれませんが、上記にもあるように警察から人探しをしてもらうというのはなかなかハードルが高いです。

 

事件性ありというような状況なら警察は頼りになるでしょうが、そうでない場合で本気の人探しを希望しているのであれば、やはり「探偵への依頼」を検討されることをオススメします。

 

もちろん、探偵に依頼したからと言って必ずその人物を見つけられるというわけではないですが、探偵というのは依頼を受ければ必ず調査は実行してくれますから、その点は警察とは大きく違います。

 

もし探偵へ依頼するのであれば、人探しの経験や実績が豊富で、なおかつ信頼できる探偵事務所を見つけていく必要があります。

 

そんな探偵選びには、当サイトを是非お役立てくださいね。

人探しの方法まとめ!【※掲示板?警察?探偵?結局どれが良いの?】関連ページ

人探しを依頼する場合の費用やコスト
行方不明の人を探したり、特定の人を探す場合個人では限界があります。その際に探偵社や興信所などが思い浮かぶと思います。けれど探偵社などは料金が高い、相談するだけで費用がかかるのではといった不安があるのではないでしょうか。そこで探偵の人探しにかかる費用やコスト、料金相場などをまとめました。
警察や探偵に頼む場合の費用
子供や家族が家出をして行方が分からない時、まずは警察に捜索願をだすのではないでしょうか。しかし警察に捜索願を提出しても必ずしも捜索してもらえるとは限りません。どうしても探したいという場合は探偵社や興信所に依頼するという方法もあります。探偵や警察に捜索願を依頼する場合の費用はどのくらいかなどをまとめました。
行方不明の旦那を探す方法3つ!
突然旦那が行方不明になった・・・そう言う場合途方に暮れてどうすればよいか分からなくなるものです。まずは知りあいや会社などに行方を尋ねたり、警察に素策願を出したりするでしょう。それでも見つからない場合はどうすればよいのか、行方不明の旦那を探す方法、おすすめの捜索方法をまとめました。
結婚詐欺相手の調査はどこに頼むべき?
結婚詐欺に引っ掛かった場合、精神的にもダメージを受けますが、是非とも相手を見つけてお金を返してほしい、謝罪してほしいと思うのではないでしょうか。しかし警察に依頼してもなかなか見つかるものではありません。そこで結婚詐欺に引っ掛かった場合の対処法や調査はどこに頼むべきかなどを紹介します。
人物調査を依頼する流れや料金まとめ!
婚約相手や仕事上の特定の人物などその人の人物調査や身辺調査、素行調査など探偵や興信所で依頼するという方が増えています。人物調査や身辺調査、素行調査などを依頼する場合の流れや必要なもの、料金相場や費用などを詳しくまとめました。人物調査の依頼でお困りでしたら是非参考にしてください。
夫が不倫で疾走、警察は探してくれる?
夫の不倫が発覚して失踪した場合、慰謝料を取る為にも探しだす必要があります。まずは警察に捜索願を出すと思いますが、成人が自らの意思で疾走した場合、警察は捜索してくれない可能性があります。夫の不倫で疾走した場合の警察の対応やどのように対処すれな良いかなどをまとめました。
娘がの家出調査は警察に頼むべき?
娘や息子、子供が家出した場合、行方が分かっていれば良いのですが、全く行方が分からない、何日も帰ってこないという場合警察に届けるべきなのでしょうか。また、捜索願をだして捜索してもらう場合費用はかかるのでしょうか。娘が行方不明になった場合の対処法をまとめました。