行方不明 旦那

行方不明の旦那を探す方法3つ!おすすめの捜索方法は?

「行方不明の旦那を探す方法3つ!【※おすすめの捜索方法は?】」がイメージできる画像01

 

「旦那さんが行方不明になってしまった…」

 

そんな状況は残された奥さまを不安にさせ、以下の様な思いを抱かせるものです。

 

「旦那が行方不明に…。どうやって探せばいいの?」
「どうして旦那は行方不明になってしまったんだろう?」
「旦那を探してもらうには警察に頼ればいいの?」

 

そこで今回は、行方不明になった旦那さんを探す方法を中心に紹介していきます

 


行方不明の旦那さんを探すにはどうすればいい?

 

旦那さんが行方不明になった場合、どのような行動を取っていけばいいか冷静に判断できる人はそう多くありません。

 

しかしそんなときだからこそ、旦那さんを探すための方法などについて知り、冷静に判断できるように気持ちを落ち着かせていくということが重要になります。

 

そこでこちらでは、行方不明の旦那さんを探す方法について紹介していきます。

 

人探し用の掲示板を使ってみる

行方不明になった旦那さんを探すためのもっとも手軽な方法としては「人探し掲示板」を使うという方法があります。

 

そういった掲示板に画像を載せて情報提供を求めることもできますが、投稿の際には不特定多数の人が見るネット掲示板であるということを踏まえ、「どこまで情報を載せるのか」ということをよく考える必要があります。

 

また、この方法は確かに手軽ではあるのですが、目撃情報がなかなか集まらなかったり目撃情報の信ぴょう性が乏しかったりという可能性もあるため、「なるべく短期集中で旦那を見つけたい」「情報を待っているだけでは苦しい」といった場合は他の方法のほうが合っているかもしれません。

 

警察に行方不明者届を提出する

行方不明者の配偶者である奥さまであれば、旦那さんの行方不明者届を警察へと提出するという方法によって旦那さんの捜索をしてもらうことも可能です。

 

なお、行方不明者届の提出先に関するルールは以下の通りです。

 

行方不明者の届は、原則として行方不明者が住んでいた場所を管轄する警察署で受理することとなっています。

 

なお、届出をされる方が遠方に住んでいるなどの事情がある場合には、

 

届出人のお住まい
行方不明者が行方不明となった場所

 

を管轄する警察署で受理することも可能です。

 

しかし警察が捜索するのは、旦那さんの行方不明に事件性があると判断されたり自殺のおそれがあると判断されたりといった場合に限ってのことですので、もし浮気や借金などの問題で自主的に行方不明になった場合は警察からの捜索は期待できません。

 

探偵から旦那さんを捜索してもらう

上記を踏まえ、旦那さんが行方不明になった場合の捜索方法としてもっとも現実的と言えるのは、やはり「探偵に人探しを依頼する」という方法です。

 

探偵であれば、旦那さんの行方不明に事件性があろうがなかろうが調査を行ってくれますから、「警察には行方不明者届を提出したけれど、おそらく捜索はされないだろう」というときでも心配はいりません。

 

ちなみに探偵による人探しの費用としては、「12万円〜13万円程度/日」というのが目安となります。

 

そのように人探しにかかる費用は決して安いわけではないですが、探偵社ではクレジットカードの分割払いも利用可能なケースが多いため、そういった支払い方法も是非賢く利用していきましょう。

行方不明になった旦那さんと離婚するには?

 

さてここからは、「行方不明になった旦那との離婚」についての情報をお届けします。

 

旦那さんが行方不明になってからしばらく経つと、自分の将来のためには旦那さんとの離婚も視野に入れなくてはならないという思いが現実味を帯びてくることもあります。

 

旦那さんが行方不明である場合、離婚についてはどう扱われるのでしょうか?

 

旦那さんが行方不明の場合の離婚

結論から言うと、旦那さんが行方不明のままでも離婚はできます。しかしこの場合、通常のように離婚届を提出して離婚というわけにはいきません。

 

まず、行方不明になっている旦那さんの現在の居場所を突き止めるために行動をしなければなりません。

 

住民票の異動がないか確かめたり、旦那さんの実家や友人・知人に連絡を取ってみたり、あるいは探偵に調査を依頼したりなど、自分で思いつく限りのことはすべて実行してみましょう。

 

それでも居場所が突き止められなければ、「公示送達」といわれる方法によって旦那さんの所在がわからなくても、その状態のままで離婚裁判を提起できます。

 

ちなみに、通常は離婚裁判の前に調停を経る必要がありますが、旦那さんが行方不明であれば調停もできませんから、離婚裁判からのスタートということになります。

 

その裁判によって離婚を認める判決を得られれば、旦那さんが行方不明のままで離婚をすることができます。

 

旦那さんの行方不明という難しい問題は、一人で抱え込まないことが大切です。そういった面からも、探偵社に相談・依頼をすることは有効な方法と言えます。

 

また探偵社は弁護士事務所とも連携していますので、アフターフォローとして弁護士事務所を紹介してもらうことも可能です。

 

気になった方は是非気軽に相談の申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

行方不明の旦那を探す方法3つ!【※おすすめの捜索方法は?】関連ページ

人探しを依頼する場合の費用やコスト
行方不明の人を探したり、特定の人を探す場合個人では限界があります。その際に探偵社や興信所などが思い浮かぶと思います。けれど探偵社などは料金が高い、相談するだけで費用がかかるのではといった不安があるのではないでしょうか。そこで探偵の人探しにかかる費用やコスト、料金相場などをまとめました。
人探しは警察?探偵?どこに頼む?
家出や行方不明、失踪など人を探すには様々な方法があります。個人で探すなら掲示板、または警察や探偵社、興信所などに依頼するという方法もあります。大切な人を探す場合どのような方法があるのか、探偵社などに依頼する場合どのくらい料金がかかるのかなどをまとめて紹介します。
警察や探偵に頼む場合の費用
子供や家族が家出をして行方が分からない時、まずは警察に捜索願をだすのではないでしょうか。しかし警察に捜索願を提出しても必ずしも捜索してもらえるとは限りません。どうしても探したいという場合は探偵社や興信所に依頼するという方法もあります。探偵や警察に捜索願を依頼する場合の費用はどのくらいかなどをまとめました。
結婚詐欺相手の調査はどこに頼むべき?
結婚詐欺に引っ掛かった場合、精神的にもダメージを受けますが、是非とも相手を見つけてお金を返してほしい、謝罪してほしいと思うのではないでしょうか。しかし警察に依頼してもなかなか見つかるものではありません。そこで結婚詐欺に引っ掛かった場合の対処法や調査はどこに頼むべきかなどを紹介します。
人物調査を依頼する流れや料金まとめ!
婚約相手や仕事上の特定の人物などその人の人物調査や身辺調査、素行調査など探偵や興信所で依頼するという方が増えています。人物調査や身辺調査、素行調査などを依頼する場合の流れや必要なもの、料金相場や費用などを詳しくまとめました。人物調査の依頼でお困りでしたら是非参考にしてください。
夫が不倫で疾走、警察は探してくれる?
夫の不倫が発覚して失踪した場合、慰謝料を取る為にも探しだす必要があります。まずは警察に捜索願を出すと思いますが、成人が自らの意思で疾走した場合、警察は捜索してくれない可能性があります。夫の不倫で疾走した場合の警察の対応やどのように対処すれな良いかなどをまとめました。
娘がの家出調査は警察に頼むべき?
娘や息子、子供が家出した場合、行方が分かっていれば良いのですが、全く行方が分からない、何日も帰ってこないという場合警察に届けるべきなのでしょうか。また、捜索願をだして捜索してもらう場合費用はかかるのでしょうか。娘が行方不明になった場合の対処法をまとめました。