離婚 手順

離婚するまでの手順とチェックリストまとめ!まず何からすべき?

「離婚するまでの手順とチェックリストまとめ!※まず何からすべき?」がイメージできる画像01

 

離婚を決意した場合、以下の様に「まず何をすべきか」などと悩む方は多いのではないでしょうか。

 

「離婚すると決めたはいいけど、何から手を付けていくべきか…」
「どうやったらスムーズに離婚できる?」
「慰謝料請求を考えているけど、どういう手順を踏めばいいの?」

 

そこで今回は、離婚までの手順や離婚準備をしていく上で参考にしていただきたい内容について紹介していきます。


要チェック!離婚までの手順を徹底紹介!

 

離婚までの手順について、離婚の可能性が出てくる前から知っているという方はおそらくあまりいらっしゃいません。

 

こちらではまずその手順を紹介いたしますので、スムーズで納得のいく離婚のためにも是非参考になさってくださいね。

 

離婚までの手順〜協議離婚の場合〜

 

協議離婚となるのか、それとも調停離婚や裁判離婚となるのかによって離婚までの手順も変わってきます。

 

今回は日本の離婚の9割を占めると言われる協議離婚に限定してその手順を紹介します。

 

浮気が原因で慰謝料請求をする場合
1.浮気の証拠集め

 

夫婦間での話し合いで離婚に合意すれば協議離婚となるわけですが、その段階では浮気の証拠と言えるような材料がなくても慰謝料請求は可能です。

 

しかし、その証拠がないまま離婚交渉をするのも不安ですし、証拠がないと相手が浮気を認めないという可能性も十分あります。

 

そういった事態を未然に防ぐためには、やはり浮気の証拠はあったほうがいいですね。

 

「ラブホテルへの出入り写真・動画」は裁判でも有効な浮気の証拠のひとつですので、離婚交渉が決裂した場合のことも想定して、予めそういった証拠を収集するのが理想的です。

 

2.夫婦間で話し合い

 

お互いにすでに離婚に気持ちが傾いている場合は、離婚するかどうかの話し合いはあまり必要ないでしょうが、今回のように浮気が原因である場合は浮気をしたほうが離婚したくないと考えることもあります。

 

後者の場合はその話し合いが長期化する可能性もあります。その話し合いを経て離婚することが決定した場合、続いては離婚の条件について話し合っていきます。

 

慰謝料や財産分与、養育費といった事柄について十分な話し合いをしていきましょう。

 

3.合意内容の書面化・公正証書の作成

 

夫婦間の話し合いによって合意した内容については、法的にも有効な書面にしておく必要があります。

 

また、慰謝料などの金銭の支払いが発生する場合は公正証書を作成しておくと安心です。

 

将来的に、相手方がそういった支払いを行わなくなる可能性もありますので、そういった事態に備えて公正証書の作成が必要になります。

 

4.離婚届の提出

 

上記を済ませた後は、離婚届を提出します。

 

慰謝料請求のない離婚であれば、上記の1の手順を省いて2番目の項目からスタートしていくことになります。

離婚するまでにやっておきたいことって?

 

離婚が決してめずらしい時代ではない今、「たかが離婚」と思う方も多いかもしれません。

 

ただ離婚によって生活環境は大きく変わるわけですから、そうした環境の変化に戸惑うことがないように事前の準備はきちんと行っていくことが大切です。

 

こちらでは、そんな離婚前の準備としてやっておきたいことを3つ紹介していきます。簡単なチェックリストとしても、是非ご活用くださいね。

 

離婚前にやっておきたい3つのこと!

その1「経済的な自立を目指して」

 

一人でも十分に暮らしていけるほどの収入を得ている方ならこうした心配はいらないかもしれませんが、専業主婦の方や短時間勤務のパートタイマーの方だと、離婚後の生活が心配になりますよね。

 

実際問題、そういった経済的な不安から離婚をためらうというケースも少なくありません。

 

離婚によって慰謝料や養育費を手にできることもありますし、離婚による財産分与でお金を得ることも可能ですが、それらで膨大なお金を得られる方というのは一握りなはずです。

 

ですからもし経済的な不安があるのなら、離婚を考え始めたと同時に職探しをスタートさせておくといいかもしれません。

 

その2「住む場所の確保」

 

離婚によって家を出て行くことになる場合は、早めに住む場所を確保することも大切です。

 

このとき、離婚後の生活を思い描いてじっくりと住居選びをしたくなるかもしれませんが、こういった場合の住居選びは一時的な仮の住まいを選ぶ感覚で行っても構いません。

 

そうなればウィークリーマンションなどの選択肢も出てきますから、より広い視野で住居を選ぶことができます。

 

また、もしご実家に戻ることが可能ならば、もちろんそれでも構いません。

 

その3「一人、あるいは配偶者なしでの子どもとの生活に向けて準備する」

 

子どもがいない場合の離婚であれば、実家に帰る場合を除いて離婚後しばらくの間は一人で暮らすことが多いはずです。離婚前から、そうなったときのことをよく考えて準備していくことが大切です。

 

もし自分から離婚を希望した場合は「やっと一人になれた」という思いが強く、久々の一人暮らしを満喫〜なんてこともありますが、ふとしたときにパートナーがいないことの寂しさや不安を感じることもあります。

 

そうなったときのことを想定して、不安なときにその気持ちを気軽に打ち明けられる友人などを確保しておくと安心です。(ただし、その相手に依存しすぎないようにご注意を。)

 

一方、子どもがいる場合の離婚では、離婚後に親一人と子どもという新たな家族として暮らしていくことになります。

 

こちらの場合も実家に戻るとなれば話は別ですが、そうでない場合は今までよりも親一人にかかる負担が増えることが多くなるでしょうから、そうなったときの捌け口のようなものを予め考えておくといいのではないでしょうか。

 

自分ひとりでいろいろと抱え込んでストレスが溜まりっぱなしという状態では、大切な子どもに良くない影響を与えてしまうかもしれません。

 

自分の中に溜まった感情やストレスを解放できる方法や場所などがあればそういった事態も防げますし、自分自身にとってもプラスになります。

 

さて今回は、離婚するまでの手順の一例、そして離婚するまでにやっておきたい3つのことについて紹介してきました。

 

離婚についてわからないことだらけだと不安ばかりが大きくなりがちですので、こうした情報を通してその不安を一つ一つ解消させていくことがとても大切です。

離婚するまでの手順とチェックリストまとめ!※まず何からすべき?関連ページ

浮気する夫との離婚準備!
既に旦那に浮気をされている人の場合、離婚準備を進めたいと考えている人も中にはいるかと思います。出来るだけ慰謝料をとる為には、どのように離婚準備を進めればいいか?今回はこちらについてまとめてみました。
離婚準備に浮気の証拠は必須!?
浮気している夫との離婚を考えている場合、いろいろな不安が頭をよぎります。特に浮気の証拠は必須なのか?また弁護士や探偵を雇うべきなのか?費用はどれぐらいかかるのか?に関して気になっている人も多いようなので、今回はこちらについてまとめてみました。
離婚する際の慰謝料の相場!
離婚を考えている場合、離婚後の生活もある為、慰謝料がどれぐらいもらえるのか?養育費はいくら貰うのが妥当なのか?は気になる所ではないかと思います。そこで今回は慰謝料や養育費の計算方法についてまとめてみました。
離婚の相談は弁護士にすべき?
離婚を考えている場合、どこに相談するかは悩んでしまいますが、専門家である弁護士や探偵などに相談するのはどうでしょうか?今回はそんな専門家への相談に関して、無料電話相談が可能なところはあるか?などを調査してまとめてみました。
離婚するタイミングは?
旦那の浮気や不倫が原因で離婚を考えている人は多くいますが、離婚するタイミングに関して悩んでいる人も多いようです。今回はそんな離婚のタイミングについていつがいいか?興信所や探偵に依頼するならいつがいいか?などについてまとめてみました。
離婚後のローンってどうなる?
離婚に関してはさまざまな不安がつきまといますが、今回は中でも離婚後のローンについて、名義変更はできるか?養育費はどれぐらいもらえるか?などについてわかりやすく説明していきます。
協議離婚の弁護士費用の相場まとめ!
最近では増えている協議離婚ですが、今回はそんな協議離婚について、かかる弁護士費用の相場や慰謝料はどれぐらいとれるか?などについて詳しくまとめてみました。近々離婚の予定があるいう場合には是非参考にしてみてくださいね。
慰謝料や養育費の相場まとめ
旦那の浮気や離婚で離婚を決意したという人や、離婚を検討しているという女性に向けて、慰謝料や養育費の相場などを詳しくまとめてみました。こちらのデータを参考にすると、今後離婚の際の話し合いを有利に進められるかもしれませんので、是非参考にしてくださいね。
離婚を切りだされたらどうする?
急に旦那から離婚を切り出されて、どうすればいいのか?迷っている方も多くいます。そんな方に向けて、離婚理由の追及方法や、探偵へ依頼した方がいいのか?などを詳しくまとめてみましたので、是非参考にしてくださいね。