離婚を切り出されたら

離婚を切りだされたらどうする?離婚理由の追求と探偵への依頼!

「離婚を切りだされたらどうする?※離婚理由の追求と探偵への依頼!」がイメージできる画像01

 

それまでまったく予期していない状況でいきなり離婚を切り出されたら、その意思を告げられた側としてはショックを受けずにはいられません。

 

そしてそのショックが落ち着いた後は、心の中には以下の様な疑問や不安が出てくるかもしれません。

 

「離婚理由に心当たりがないんだけど、追求するべき?」
「実は以前から浮気を疑っていた。探偵に依頼したほうがいいだろうか。」
「自分としては離婚したくないが、どうすれば…?」

 

今回は、こうした疑問や不安の解消につながるような情報をお届けしていきます。もしよろしければ参考になさってくださいね。


離婚を切り出されたけど自分は離婚したくない!そんな時にまず取るべき行動とは?

 

配偶者から離婚を切り出されても、あなたとしては離婚したくないという状況になることもありえます。

 

その場合、あなたが取るべき行動とは一体何なのでしょうか。こちらではまず、その辺りについて説明していきます。

 

法律上の離婚原因

民法770条1項では、以下の様な法律上の離婚事由が定められています。

 

1.不貞行為
2.悪意の遺棄(正当な理由がない場合の、他方の配偶者による同居拒否や生活費の未払いなど。)
3.3年間の生死不明
4.配偶者が強度の精神病を発症し、回復のみ込みがない
5.婚姻を継続し難い重大な事由

 

このように5以外はすべて具体的な規定となっていますが、5番目に関しても、それに該当するかどうかは過去の判例からある程度は予測できます。

 

5番目の離婚事由として認められる例としては、DVやモラハラ、婚姻期間と比べて長期に及ぶ別居などが挙げられます。

 

離婚したくない場合に注意すべきこと

上記の離婚事由のうち、1〜4には当てはまらない場合も、離婚したくないのであれば5番目の「婚姻を継続し難い重大な事由」を作らないようにすることが大切です。

 

特に「長期の別居」については注意しなければなりません。

 

離婚を切り出された後、それを切り出した側が家を出ていってしまうケースがあるためです。

 

そのまま別居生活が5年程度続けば、それが法律上の離婚原因として認められる可能性が出てきてしまいます。

 

復縁を試みるのなら

離婚したくないという思いがあるのなら、まずは復縁に向けて動き出してみましょう。

 

そのためにまず行っておきたいのが、「離婚届不受理申出」というものです。

 

この申出をすることにより、離婚を切り出した側が勝手に離婚届を提出し、それが受理されるのを防ぐことができます。

 

これさえやっておけば、自分が知らぬ間に勝手に離婚されるという心配はありません。

 

この次にすべき行動としては各状況によって正解と思われるパターンは異なりますが、復縁を遂げた方の多くは、「今までよりも配偶者とのコミュニケーションを大切にするようになった」「離婚についてはあえて触れないようにしていた」ということなので、まずはその2点を意識してみるといいのではないでしょうか。

思いも寄らぬ離婚の申し出!その背景に隠れているものとは?

 

夫婦仲は決して悪くなかったはずなのに、いきなり離婚を切り出されたら、ある可能性を考えてみたほうがいいかもしれません。その可能性とは、一体何なのでしょうか?

 

夫婦仲が悪くない中での離婚の申し出、その理由とは?

たまにはケンカもするけれど夫婦としてそれなりに上手くやっていけていると思っていたのに、いきなり配偶者から離婚を切り出された…。

 

そんな状況になったらとてもショックですよね。

 

そういった場合、離婚を切り出された側としてはあまり考えたくありませんが、配偶者が「浮気」をしている可能性も考えられます。

 

この場合、もしあなたに法律上の離婚原因がなければ、離婚を切り出した側にのみ浮気という離婚原因があるわけですから、あなたが離婚を拒否していればなおさら離婚をするのが難しくなります。

 

浮気が疑わしい場合は

もし浮気の可能性があると判断された場合、すぐにそれを追求するのではなく、まずは浮気の証拠を掴むことを優先させましょう。

 

離婚をしてもしなくても、浮気の事実があったかどうかをハッキリさせるための証拠があって損はありません。

 

離婚をする場合もしない場合も、浮気が事実であればいずれにしても「慰謝料請求」が可能です。

 

慰謝料請求は証拠がなくても行えますが、やはり証拠があったほうが慰謝料請求はしやすいですし、得られる慰謝料の金額にも証拠というのは影響するものです。

 

こうした金銭的なメリットを得るためには、あえて離婚理由を追求しないというのも賢い方法と言えます。

 

「急に離婚だなんて、浮気でもしてるの?」などと配偶者を問い詰めてしまっては、浮気の証拠を隠されるなどの問題が生じることもあります。

 

配偶者を泳がせて浮気の証拠を獲得

もし浮気が事実であれば、浮気への疑いを持っていることを配偶者に悟らせないようにすることによって、ラブホテルへの出入り写真といった浮気の証拠を入手しやすくなります。

 

そのような浮気の証拠を入手するためには、探偵を使うケースが多いです。

 

浮気相手とのLINEでのやり取りや親しげな様子を伺わせるツーショット写真など、個人的にも入手可能な浮気の証拠はあるものの、それらの証拠能力は、ラブホテルへの出入り写真に比べると弱いと言わざるを得ません。

 

したがって、その証拠となる場面を押さえてもらうために探偵から浮気調査をしてもらうという方法が有効になってきます。

 

こうした証拠を武器に浮気相手に慰謝料請求をすることが復縁に役立つというケースも中にはあるので、復縁を目標としている場合でも浮気の証拠を集めるということにはメリットがあります。

 

さて今回は、「もし突然離婚を切り出されたら…」というような状況になった場合にお役立ていただけるような情報を紹介してきました。

 

実際に思いもよらぬ形で離婚を切り出されるとショックはかなり大きいものと予想されますが、そんなときだからこそ、今回紹介したような情報も踏まえながら冷静に行動していきたいものですね。

離婚を切りだされたらどうする?※離婚理由の追求と探偵への依頼!関連ページ

浮気する夫との離婚準備!
既に旦那に浮気をされている人の場合、離婚準備を進めたいと考えている人も中にはいるかと思います。出来るだけ慰謝料をとる為には、どのように離婚準備を進めればいいか?今回はこちらについてまとめてみました。
離婚準備に浮気の証拠は必須!?
浮気している夫との離婚を考えている場合、いろいろな不安が頭をよぎります。特に浮気の証拠は必須なのか?また弁護士や探偵を雇うべきなのか?費用はどれぐらいかかるのか?に関して気になっている人も多いようなので、今回はこちらについてまとめてみました。
離婚するまでの手順とチェックリスト
離婚を考えている人にとって、離婚するまでの流れや手順、まず何をすべきなのか?については悩むところではないでしょうか?今回はこちらについて詳しくまとめてみましたので、夫との離婚を検討しているという人は、是非参考にしてみてくださいね。
離婚する際の慰謝料の相場!
離婚を考えている場合、離婚後の生活もある為、慰謝料がどれぐらいもらえるのか?養育費はいくら貰うのが妥当なのか?は気になる所ではないかと思います。そこで今回は慰謝料や養育費の計算方法についてまとめてみました。
離婚の相談は弁護士にすべき?
離婚を考えている場合、どこに相談するかは悩んでしまいますが、専門家である弁護士や探偵などに相談するのはどうでしょうか?今回はそんな専門家への相談に関して、無料電話相談が可能なところはあるか?などを調査してまとめてみました。
離婚するタイミングは?
旦那の浮気や不倫が原因で離婚を考えている人は多くいますが、離婚するタイミングに関して悩んでいる人も多いようです。今回はそんな離婚のタイミングについていつがいいか?興信所や探偵に依頼するならいつがいいか?などについてまとめてみました。
離婚後のローンってどうなる?
離婚に関してはさまざまな不安がつきまといますが、今回は中でも離婚後のローンについて、名義変更はできるか?養育費はどれぐらいもらえるか?などについてわかりやすく説明していきます。
協議離婚の弁護士費用の相場まとめ!
最近では増えている協議離婚ですが、今回はそんな協議離婚について、かかる弁護士費用の相場や慰謝料はどれぐらいとれるか?などについて詳しくまとめてみました。近々離婚の予定があるいう場合には是非参考にしてみてくださいね。
慰謝料や養育費の相場まとめ
旦那の浮気や離婚で離婚を決意したという人や、離婚を検討しているという女性に向けて、慰謝料や養育費の相場などを詳しくまとめてみました。こちらのデータを参考にすると、今後離婚の際の話し合いを有利に進められるかもしれませんので、是非参考にしてくださいね。